心にくっきりと残っているベッドがあります。

今でも時々思い出します。2007年の事でした。初めて体にメスを入れました。胆嚢を摘出しました。胆嚢結石の摘出手術です。全身麻酔から目を覚ました時、個室の壁が見えました。ある程度痛みが取れるまでは点滴でした。ベッドのありがたみを感じたのはこの頃です。
“心にくっきりと残っているベッドがあります。”の続きを読む

高齢者にとってのベッド

日本は昔はお布団を毎晩畳敷きの部屋に押し入れから取り出してひいて、一晩眠ったら翌朝にまた押し入れに畳んで片付けるという生活をしていました。

今は多くの人がベッドを利用するようになっています。

でもお年寄りの中にはベッドで寝たこともないという人もまだまだ存在しています。
“高齢者にとってのベッド”の続きを読む

ベッドを買い替えたら睡眠不足から脱出できました

長年寝付きが悪くて困っていました。パソコンの仕事なので交感神経が刺激されているのだろうなと思い、家では全くパソコンもスマホも触らないように。お風呂に入り、食べ物にも気を使って照明も間接照明だけ。
“ベッドを買い替えたら睡眠不足から脱出できました”の続きを読む

ベッドってインテリアとして重要なアイテム

ふと思った。ベッドって、部屋で一番大きな家具。

私の部屋の大部分をしめているベッド。

もしかして、部屋の雰囲気にものすごく影響している気がしてきた。

ベッドのシーツやカバーを変えるだけで、ガラッと部屋の雰囲気が変わるし。
“ベッドってインテリアとして重要なアイテム”の続きを読む

珍しい母のこだわりベッド

高校生のころ、成長期で息子はベッドから足がはみ出てしまい、「さすがに、二段ベッドでは子供たちもきついだろう」ということになり、親も布団の上げ下げがつらくなったようで、ついでに家族みんなのベッドを買い替えようということに。
“珍しい母のこだわりベッド”の続きを読む

ヒノキの香りが漂う私の寝室空間

ちょっと以前の話になりますが自宅のベッドを購入しました。ベッドは睡眠の質を左右する大事なものなので慎重に選びました。その時のベッド選択のポイントとしては、まず、マットの沈み込みの少ないもの。
“ヒノキの香りが漂う私の寝室空間”の続きを読む

我が家の育児とベッド活用法

初めての子育てが始まってからしばらくは、毎晩布団で寝るようにしていました。

もともとはベッドで寝ていたのですが、赤ちゃんと添い寝するには不便さを感じたからです。

赤ちゃんが変に寝返りをうって、ベッドから落ちてしまったという話をあちこちから聞きました。

“我が家の育児とベッド活用法”の続きを読む

ベッドから落ちるほど寝相の悪い夫

結婚してから生活が変わり、夫の寝相の悪さに悩まされるようになりました。

布団を2枚並べて一緒に寝ているても、夫は夜の間ずっとグルグルと動いています。

夫の腕やら足やらがバシバシと私にあたり、起こされることが何度もありました。

“ベッドから落ちるほど寝相の悪い夫”の続きを読む

子供と旅行するようになって変わったこと

私はもともと睡眠に困る体質ではありませんでした。

ベッドだろうが布団だろうが、もぐればすぐに眠ることが出来ます。

そのため、旅行などで宿泊先を選ぶにあたり和室でも洋室でも問題ありませんでした。

“子供と旅行するようになって変わったこと”の続きを読む

うちのベッドの下には

私はとってもビビりで怖がりです。

怖い話を聞いたり、ホラー映画を見た日には1人で眠れません。

でも、歳をとったら、1人で眠らなくてはならない時もあります。ホラー好きの人にはわからないでしょうけど、目を瞑ると浮かんでくるんです。あの映像が…しかも、そういう怖いものに限って鮮明に浮かんでくるんですよ。
“うちのベッドの下には”の続きを読む